むくみ 腸内環境

腸内環境とむくみ

むくみ 腸内環境

 

むくみは体の水分や老廃物がうまく流すことが出来なかったり、排出することができないために起こる症状です。

 

特定の病気やこれと言った原因がないのに浮腫みやすい人は、体の毒素(有害物質)を排出する機能が衰えている場合があります。

 

7割の有害物質は便で排出

体の中に溜まった有害物質はその7割が便で排出されると言われています。

 

そのため、腸の動きがスムーズでないと毒素を排出することができにくく、腸の中がとても悪い状態になり、さらに毒素やガスがたまってしまいます。

 

腸内環境を整えるためには善玉菌を増やし、悪玉菌の働きを鈍らせることが大切です。

 

善玉菌(乳酸菌)を増やして腸内環境を整える

腸内環境を整えるには善玉菌が大切。

 

善玉菌は、ビフィズス菌や乳酸菌などが有名です。

 

これらの菌を摂取することで、むくみの原因となる老廃物が体の外に排出されやすくなります。

 

むくみ用のサプリメントは、腸内の環境を整える食物繊維や乳酸菌が含まれているものが人気なのはそのためです。

こちらもおすすめ記事です

赤ぶどう葉が原料だから効く!【ポリフェノール】
赤ぶどう葉を使っているのは、医薬品「アンチスタックス」と、サプリメントでは「するるのおめぐ実」。赤ぶどう葉はポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールの効果は?